眼精疲労になると、頭痛を引き起こす可能性があります。 頭痛が起こる眼精疲労の対処法は、以下の通りです。 ・目の周りの凝りを解消する ・不規則な生活を見直す ・栄養バランスのいい食事を心がける ・運動をする 目の周辺の筋肉が凝ってしまうと眼精疲労を引き起こし、頭痛を発症させてしまいます。 頭痛を改善するためにも、この凝りを解消しないといけません。 蒸しタオルで目の周りを温める、定期的に目を閉じるといったことが効果的です。 また、不規則な生活を見直すことで改善することができます。 睡眠時間を十分に確保し、ストレスをあまり溜めないようにしてください。 それに、食生活が乱れてしまうと眼精疲労からの頭痛を発症させやすくなるので、栄養バランスのいい食事を心がけるようにします。 適度な運動をして、血液の流れを良くするというのも改善に繋がります。 もちろん、眼精疲労ができるだけ起こらないように気をつけることも大切でしょう。 眼精疲労は頭痛だけではなく、めまいや肩こりなども起こしますから、できるだけ早めに対処する必要があります。